法的に通用する浮気調査

世の中には、結婚してもなお浮気する男と浮気する女がいます。

付き合っているときの浮気は法規制には当てはまりませんが、既婚者の浮気は不貞行為という違反になります。

それ自体は犯罪ではないのですが、不貞行為に対する処罰を受けなくてはいけないことがあるでしょう。

さて、その処罰を与えるためにはパートナーが浮気をしたという証拠が必要になります。

ここでの浮気(不貞行為)の定義は、「同一の異性と複数回に渡り性的関係を持った」と言うことになっています。

つまり、一度きりの過ち、風俗、キスだけ、同姓との浮気では不貞行為とみなされることはありません。

また、不貞行為を立証するための証拠として、写真や動画が有効になります。

例えば、同じ異性とラボホテルに出入りするシーン、同じ異性の自宅へ出入りするシーンなどです。

この証拠を複数回に渡って確保することで、不貞行為の確実な証拠として法的にも効果を持ちます。

最近ではメールでのやり取りなどからでも浮気を見抜くことは可能ですが、そこから性的な関係を結んでいるという判断ができないなら証拠にはなりません。

なので確実性を求めるのなら、自分でどうにかしようとするよりは探偵に浮気調査をしてもらった方が確実だと思います。

浮気調査を依頼する場合、浮気調査に高い実績を持つ探偵に依頼するようにしましょう。

探偵もピンキリですので、法的に有利になれる証拠を掴むためには、それなりの腕前も必要になってきます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ