浮気を調査しようと決めたとき

浮気調査はまず無料で相談と見積もりを出してもらうところから始まり、その見積もりでOKならそのまま契約、調査開始となっていきます。

調査の前にはできれば対象者の情報が多いほうがいいです。

名前や年齢、身体的特徴、家族構成、本人の写真、それにわかれば浮気相手の写真、持ち物や服装、勤務先、自宅からの行動範囲など知っていることは全て話すことで調査員が調べることも少なくてすみますのでコストもその分低くなります。

浮気する男、特に既婚者の場合は軽い火遊びのつもりが不倫へと発展します。

2、30代の若い女性を相手にするので相手の略奪願望も強い場合が多いです。

そして貯金を勝手に使い込んだり、借金をしてまで相手にのめりこむ男性も少なくありません。

浮気する女はほとんどの場合、パートナーとの仲がうまくいかないことから他の男性へとはしります。

優しくしてくれたり心のよりどころになってくれる人に弱いのです。

出会いは意外と身近な男性だったり職場の人、ネットでの出会いなどです。

既婚者であれば浮気相手に慰謝料を要求することができる場合がほとんどですので離婚するにしても結婚生活を続けるにしても、それを一つの心のくぎりとして考えるのもよいです。

調査中は途中経過の報告が調査員からありますが、それらの電話や報告書などを浮気しているパートナーに見つからないように細心の注意をはらう必要があります。

そうでなければせっかくの調査も水の泡になってしまいます。まずは勇気をだして相談をしてみてください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ